文化・科学

老後の面倒はだれが見るのか 成年後見人の仕事
著者 石川 徹 著
四六判 上製 164頁 定価 本体2,000円+税
ISBN978-4-89806-420-7
 2000年4月、介護保険制度と同時にスタートした成年後見制度。
 しかし、認知症や高齢者などの社会的弱者にとって救済となるべきこの成年後見制度が、十分に機能しているとはいえないのが現状といえます。
 本書はその現場の実態を報告し、その問題点を指摘し、解決のための道筋を考えていこうとするものです。
数の森 ゼロから無限大の不思議
著者 大関清太
四六判 並製 176頁 定価 本体1,800円+税
ISBN978-4-89806-418-4
 この本では、0から10までの数字に関わる数学の話や、数字から連想される、普段から気になっていることを中心に書いています。10より大きな数はたくさんあり、それぞれにまったく別な物語があるでしょう。自然数だけでなく、分数や少数も世の中でいろいろ活躍しているところを見て下さい。(中略)
 私たちの周りには数字があふれています。読者が持っている数字に対する好奇心を、常に広げて新しい疑問にぶつかって下さい。
(まえがきより)
サビーナ
著者 野田正彰
四六上製 208頁 定価 本体2500円+税
ISBN978-4-89806-416-0
オペラの戯曲として凝縮された魂の真実。
精神分析の黎明期にユング、フロイトと深く関わった女性、サビーナの生を謳う。

サビーナとユングとフロイトの三角関係に、スターリニズムとナチズムとヨーロッパ統合の理念の三角形を重ねあわせ、二つの三角形をサビーナの愛と死で貫く。
スラヴの十字路
著者 嵐田浩吉
四六判 並製 212頁 定価 本体1.800円+税
ISBN978-4-89806-404-7
ヨーロッパ最大の民族グループ、スラヴの素顔。

ソチオリンピックでも大注目のスラヴとは?
その社会と文化を知る!

 スラヴ世界は多くの日本人にはあまりなじみがないだろう。それには様々な理由が考えられるが、まず挙げられるのは、上でも触れたように、この地域が二〇年ほど前までは社会主義体制にあり、「鉄のカーテン」の向こう側にあったということだ。さらに、この地域の国々は、ロシアを除いて、近代に至るまで他国(オーストリア、プロイセン、トルコ、そしてロシア)の支配を受け、独立国家を形成できなかったということも関係していよう。(中略) しかし、スラヴの人々は文化面では日本に大きなインパクトを与え続けてきた。(中略)また、最近ではトヨタや日産など、自動車産業の進出に象徴されるように、経済的な面からもスラヴ地域は日本にとって重要さを増してきている。
 スラヴ世界はたしかに、日本ではあまり知られておらず、それほど日本人の関心をひきつけてもいない。しかし、そこには知る価値の十分にある豊潤で多様な世界が広がっている。この魅力あふれるスラヴ世界を、様々なトピックを通じて知っていただこうというのが、本書の目的である。 本文より
日本の文化がよくわかる 必携 茶の湯ハンドブック
辻 宗龍 編
A5判変型並製 272頁 定価1,575円(税込)
ISBN978-4-89806-326-2
茶席で知っておくと便利な知識----茶の湯の歴史、茶の湯歳時記、茶席の禅語、古筆切、茶道具、茶室・露地まですべてを網羅。流派を超えて、すべての茶人、茶の湯愛好家に役立つ決定版茶の湯ハンドブック。 《主な内容》
◎茶の湯歳時記(十二カ月の茶趣と銘・掛物一覧)◎茶道系譜
◎九流家元歴代◎茶の湯人物小事典
◎茶席でよく使われる禅語・古筆切・古写経切
◎大徳寺世譜◎茶の湯やきもの小事典◎形物香合一覧
◎樂家歴代◎永樂家歴代◎大樋家歴代◎中村宗哲家歴代
◎陶工一覧◎釜師一覧◎塗師・蒔絵師一覧
◎茶室・露地・懐石用語集◎茶の湯年表
ほか 豊富な資料が満載
必携 茶席の禅語ハンドブック
有馬頼底(臨済宗相國寺派管長)著
A5変型並 280頁 定価1,680円(税込)
ISBN978-4-89806-304-0
禅語は知れば知るほど面白い!深い!
「禅といっても、なにも特別なものがあるわけではありません。趙州に言わせるなら、お茶を飲むというそのことが、すなわち仏作仏行なのであって、そうした日常的なことをないがしろにして、いかに修行に励んでも、それは観念的なものにすぎないのです」―「喫茶去」の解説より

《掲載の禅語より》
喝(かつ)/無事(ぶじ)/閑古錐(かんこすい)/一期一会(いちごいちえ)/好事不如無(こうじもなきにはしかず)/一花開天下春(いっかひらく てんかのはる)/漁夫生涯竹一竿(ぎょふのしょうがい たけいっかん) 他
平泉 自然美の浄土
大矢邦宣著(盛岡大教授 平泉郷土館館長)
四六判並製 244頁(カラー口絵8頁)定価1,500円(税込)
ISBN978-4-89806-296-8
「浄土って何ですか?」一人一人が説明できることが世界遺産への第一歩。「浄土思想を基調とする文化的景観」として世界遺産登録を目指す平泉。国宝中尊寺金色堂や毛越寺の浄土式庭園等、平泉に秘められた歴史文化から仏教思想まで、平泉研究の第一人者がわかりやすく面白く語った110の小話で、平泉通になれる本!

《目次抜粋》
牛若、平泉をめざす/みちのく中央金の山/おひとつうま/最古の棟札/黄金文化/七不思議/推理「骨寺」/現世浄土/玉眼/平泉の三十三間堂/清衡と弥勒仏/平等院と無量光院/二つの浄土/切実な仏教理解/東下り/浄土
付 平泉のガイドマップ・平泉文化遺産のしおり
『鼎談 般若心経で救われるか ―空の読み方、生き方』
玄侑宗久 太田保世 荒 了寛
四六判並製 232頁 定価1,575円(税込)
ISBN978-4-89806-294-4
いかに人間らしく生き、やすらぎを得られるか。
その智慧と実践について、
『般若心経』が語りかけているものは―

《本書の主な内容》

第一章 長寿時代の生老病死
太田保世「はじめのひと言」 
老と病を医学的にみると/時代とともに変わる四苦八苦/医学と宗教 他
〔鼎談〕 「生苦」とは/「病苦」とは/十二因縁と遺伝子/縁と寿命/病苦と共にある在り方 他

第二章 『般若心経』の真意
玄侑宗久「はじめのひと言」 
「空」の実践を解く
〔鼎談〕 縁起と無常/因縁と膨張/自在を見る、自在に見る/自力と他力/『般若心経』は真言

第三章 「空」の生き方
荒 了寛「はじめのひと言」 
「到彼岸」と「完成」/「波羅蜜」とは
〔鼎談〕 医者と布施/般若波羅蜜とは/心の在り方 他
老いも病もこわくない
やすらぎの長寿考
吉永 馨著
RIBUNBOOKS 新書判 並製 256頁 定価 1,000円(税込)
ISBN978-4-89806-288-3
長寿を楽しみ! 長寿を喜ぶ! その極意がこの本にある。
いかに老い、いかに死に臨むか。平均年齢80歳を超える。メーリングリストの中から生まれた珠玉の1冊。

元東北大学医学部付属病院長、元東北労災病院長を歴任した著者が、メーリングリストで易しく書き綴った「長寿」と「死」についての64の考察。高齢者を身近に持つ人、老年をこれから迎える人にもぜひ読んでほしい。

長寿を喜ぶ/古稀/ガンは怖いか/離別の悲しみ―ビリーブメント/ガンになりたい/アルフォンス・デーケン/日本尊厳死協会/米国のリビング・ウィル/高齢者の尊厳を守る/医療費と介護費/死後はどうなる―臨死体験/死後はどうなる―千の風になって等64項目
フロイト 視野の暗転
ルイス・ブレーガー
監訳=後藤素規・弘田洋二 訳=大阪精神分析研究会
A5判 上製 612頁 定価 7,500円(税込)
ISBN978-4-89806-281-4
フロイトの実像と、彼の視野の暗点がつくりだした虚像に迫る!
20世紀における偉大な人物フロイトを、著者(米国の現代精神分析研究所初代所長)が、多くの資料と新事実によって、フロイト自身がつくりあげた英雄的イメージである虚像にせまり、その背景を探る。フロイトの心の奥底にメスを入れ、フロイトを脱神話化した画期的な研究書であり、興味つきない伝記ともなっている。
イタリア 12小都市物語
小川熙著 A5判上製、308頁、図版約150点、定価 2,625円(税込)
ISBN978-4-89806-265-4
多元的・重層的なイタリア文化史を形づくる珠玉の小都市たち―
その知られざる栄光の歴史 と比類なき美の遺産の魅力を、イタリア にも住んでいた著者が、40年の研究成果を語る。

<本書の主な内容>
ペルージャ Perugia―エトルリアからルネサンスまで
ラヴェンナ Ravenna―ビザンティン美術の宝庫
モーデナ Modena―ロマネスク街道の要衝
ピーサ Pisa―中世海港都市の栄光
パードヴァ Padova―中世の知の形成
シエーナ Siena―中世理想都市の運命
ヴェローナ Verona―北方との邂逅
ウルビーノ Urbino―新しきアテネ
マントヴァ Mantova―ある宮廷の盛衰
フェッラーラ Ferrara―小さなルネサンス
パルマ Parma―フランス文化の投影
ベルガモ Bergamo―ヴェネツィア・ルネサンスの波及
プロヴァンス古城物語 ―南仏の秘められた歴史―
高草茂著 A5判上製 276頁(図版約170点) 定価2,625円(税込)
ISBN4-89806-247-4
南フランス……燦々と輝く太陽の光にあふれ、ゴッホが憧れた地。その一古城の大鏡に浮かんだ女性の名前を追い、カエサルの昔から大革命まで、古城や古寺、遺跡や史料を辿って綴るプロヴァンス秘話。
クオリティ・オブ・ライフ The Quality of LIfe 
―豊かさの本質とは―
マーサ・ヌスバウム/アマルティア・セン編著 竹友安彦監修/水谷めぐみ訳
A5判上製 240頁 定価 3,150円(税込)
ISBN4-89806-246-6
倫理と融合する21世紀の経済学を切り開いた、アジア人初のノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・セン教授の論文『潜在能力と福祉』をめぐって、世界的に著名な哲学者・経済学者による国連大学・世界開発経済研究所(WIDER)主催の会議における白熱した討論集。日野原重明氏(聖路加国際病院理事長・怎宴Cフプラニングセンター理事長)推薦
在庫状況をお知りになりたい場合は、弊社までご連絡ください。
ご注文はお近くの書店にてお願いいたします。お求めの刊行物が書店に無い場合は、書店でご注文なさるか、弊社に直接ご注文下さい。なお、全国のどの書店でもご注文を受け付けます。