書籍最新刊

 

近代 橫浜の輸出陶磁器 日本文化を絵付けの技で伝えた人々
〈著者〉近藤裕美 

B5判変形(縦240㎜×横182㎜) 並製 256頁
定価 本体3,700円+税
ISBN978-4-89806-468-9

明治初年、開港地・横浜には外国向け陶磁器輸出販売のために多くの名工・陶器商が移り住み横浜は陶磁器の一大産地となった。この地から夥しい名品が欧米のコレクターの手に渡り、これらが欧米の陶磁器産業やジャポニズムに与えた影響もしばしば指摘される。本書では、米国を中心とした海外のコレクションを掲げながら、50名の陶工、絵付け師の技を紹介し、日本人商人、外国商社等にも言及してこの時期の横浜の輸出陶磁器の実相に迫る。
HAPPY ふくろう
〈著者〉荻原正江/阿部信行  

B5判変形(縦230㎜×横182㎜) 並製 136頁
定価 本体2,300円+税
ISBN978-4-89806-470-2

『世界のふくろう』(飯野徹雄・著)の発行から15年が経ちました。
今回は、著者・荻原正江の半世紀に及ぶ「ふくろうグッズコレクション」2000アイテムの中から厳選した600点を超す珠玉の《ふくろう写真集》です。
ふくろうたちの穏やかで、思慮深げな表情やフォルムに読者は「癒し・憩い」の感情に包まれます。

主な内容
第1章 みじかなふくろう
①食卓の上を華やかに
②シンクの周りも華やかに
③家の中での居場所
④布と袋で遊ぶ
⑤洋裁道具と手仕事・ピローケース
⑥額の中のふくろう
⑦皿の中のふくろう
⑧日本の思い出ふくろう
⑨海外の思い出ふくろう
⑩ストラップ・キーホルダー
⑪マスコット・アクセサリー
⑫素材別ふくろう
⑬切手・ポストカード ほか

第2章
①自然
②孤独
③幸せ
④家族
⑤仲間
⑥ユーモア
⑦望み
⑧暮らし
⑨知恵

第3章 ふくろうの豆知識
①ふくろうQ&A〜小宮元上野動物園園長・監修
②シマフクロウの保護物語〜日本野鳥の会〜
③ふくろうのよもやま話
④ふくろうと俳句
⑤ふくろうのぬり絵

第4章 おりがみであなたのふくろうを作ろう
考案:小林一夫(折り紙会館館長)

木の国の歴史 縄文から江戸へ木の文化を探る
〈著者〉 中嶋尚志

四六判 並製 236頁
定価 本体1,600円+税
ISBN978-4-89806-469-6

古い木造建築の前に佇むと懐かしい気持ちがこみ上げてくるのはなぜだろう。この素朴な疑問を出発点として、著者は日本人と樹木との関わりを物語る歴史のひとこまひとこまを掘り起こしていく。縄文遺跡に、古代の寺院建築に、中世の武家屋敷や壮麗な戦国の天守閣、離宮建築に、木を生かし木に生かされてきた日本人のアイデンティティーと私たちのあるべき未来がそこに垣間見える。前著(『木の国の物語』)以来、尽きない木の文化史の話題を満載。

《主な内容》
序 章 木の文化の黎明/第1章 古代の文明開化と仏寺建立/第2章 新都を造る―藤原京と平城京―/第3章 儀式と饗宴のための寝殿造り/第4章 武家の時代と書院造り/第5章 城造りから江戸の町造りへ/第6章 数寄屋趣味の誕生

 
ストレス社会の幸福論
〈著者〉 渡辺久雄 

四六判 並製 228頁
定価 本体1,800円+税
ISBN978-4-89806-467-2

「誰でもいいから殺したかった」と若者に言わせてしまう現代のストレス社会。
精神科医である著者は、今でも記憶に残る犯罪の症例をはじめ、半世紀あまりの臨床治療で経験した学校、職場、家庭での老若男女の症例50余をとりあげ、それぞれ複雑に絡まった人間関係の糸を丹念に解きほぐしてその実相を示す。さらに、一人ひとりのストレスに照射される社会でより良く生きていく方法を提示する。

主な内容
1 ストレス社会で生きている人々
2 なぜストレス社会か
3 ストレス社会の諸相
4 知っておきたいメンタルヘルスの基礎知識
5 社会での課題
6 家庭での課題
7 学校での課題
8 職場での課題
9 精神健康と精神不健康のレベル
10 良く生きるためのキーワード
11 より良く生きるためのキーワード

 
   
弊社の刊行物をお求めになる場合には、お近くの書店へご注文ください。
直接、弊社へご注文される場含には、消費税及び送料を加算してください。
弊社の刊行物については、皆様のご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見は今後の企画の参考とさせていただきます。